FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湊 かなえ リバース


平凡なサラリーマン深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。
彼が通うコーヒー店で知り合った女性、越智美穂子と付き合い始めるが
美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が
送りつけられたところから、この物語は始まる。

そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた
大学時代のゼミ仲間3人にも送りつけられていたことが分かる。
ゼミ仲間との卒業旅行中に
仲間の一人が事故死するという過去を持つ主人公。
この一件から久しぶりに4人が集まることになる。

「あの件」を誰かが蒸し返そうとしているのか。
真相を探るべく、深瀬は動き出す。
彼とゼミ仲間が起こしたある事件の真実に迫っていく物語。

深瀬は告発文を送った人物が誰か調べるため、
事故?で死んだ友人の家族や幼馴染などの関係者を尋ね歩く。
物語は全体的に穏やかで最終章でふたりはいい雰囲気になるのかと思いきや
まさかのラストになる。
賛否のあるラストは、彼がどういう選択をするのか
作者から読者への問いかけなのかもしれません。



にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

村上春樹 職業としての小説家


この本は、紀伊国屋書店が初版10万部の9割を出版社から直接買い取り
自社と全国の書店に供給して
インターネット書店に対抗するというので大きな話題になった。

とにかく読みやすくて面白かった。
文体がいい。
下手な文章を読むと、つっかえつっかえになる。
彼が書いたのだから当たり前だが
読みながら引っかかるところが全くなくて
改めて彼の文章のうまさに惹き付けられた。

私みたいなバカな女でも
ブログに文章を書くときは、書いたあとで何度か書き直す。
書いた文章を一晩寝かせて、翌日読んでみると
まったくなってないと、いじってみてそれでも満足できない。
でもバカな私にはそれが限界とアップしてしまうのだが・・・

村上春樹というノーベル文学賞候補も
一度書き上げた作品を
手間と時間をかけて丁寧に書き直しをしていることを知って
すごーく納得できて、何というか嬉しいといった気持ちになった。

彼のベストセラーが
こうした過程を経て生まれたことを知ることが出来たので
この本を読んだ意味はあったと思う。



にほんブログ村

三島由紀夫 肉体の学校


タイトルからは何やら隠微な物語を想像してしまいますが
中年にさしかかった妙子が美形のゲイ・ボーイに心底惚れこんで
恋のかけひきをするというなお話です。

裕福で自由な生活を謳歌している3人の女たちの
月に一回の例会【豊島会】での話題は男の品定めである。

主人公の妙子は旧華族の元夫人であるが、上流社会に食傷気味である。
ある日話のネタに訪れたゲイバーで
野性味溢れる青年「千吉」と出会う。
妙子はこの美しい青年にどんどん引き込まれてゆくのだが・・・

三島作品で描かれる女性像は華麗で
そのファッションを想像するだけでも楽しい。
妙子のある日のファッションがすごい。
灰青色の絹のブラウスに黒サテンの縁取りのシャネルスーツ
黒真珠のネックレスとブレスレット
長手袋をひじまではめて、その上からダイヤの指輪をし
黒エナメルのパンプスを履き
シルバーミンクのストールをかけて、香水をふりまいているというから
実際にこんな女が歩いていたら、口をあんぐりあけて見てしまうだろう。

千吉のどこか憎めない少年のような粗暴な振舞いや
はち切れそうなGパンの太ももの膨らみに
命の輝きを感じて、彼に惹かれていく妙子は
どうしたら彼の恋人になれるか思案する。


にほんブログ村

有川浩 三匹のおっさん


テレビドラマで見ていたので、読みながら
キヨは北大路欣也、シゲは泉谷しげる、ノリは志賀廣太郎
の顔が浮かんでくる。

定年を迎えて一念発起した剣道の達人・キヨ
居酒屋を息子に任せられるようになってきた柔道の達人・シゲ
一人娘を溺愛する町工場経営者で・ノリ
かって悪ガキだった還暦の3人組が結成した自警団が
痴漢、詐欺、動物虐待などご町内にはびこる悪を成敗する痛快なお話。

水戸黄門みたいな勧善懲悪で
最後には絶対に悪人を懲らしめて正義は勝つので
難しいことを考えずにスカッとした気分になれます。
どの登場人物も愛すべきキャラクターで
こんな人が周りにいたら楽しく過ごせそうですね。


にほんブログ村

ピーター・スピアー せかいのひとびと


私たちのこの地球には、いったいどんな人たちが暮らしているんだろう?
この地球に住む60億人のひとりひとりの違いを
体型・肌の色・顔の形・言葉の違い・宗教・風習・文化があることを
優しく説明している3~4年生向けの本ですが
小学校高学年でも中学生でも楽しく読める本です。

それぞれに違いはあるけれど
同じなのは、生まれた時小さいことと、さいごにはだれもが死ぬこと。
そして、この本のお奨めは
利口な人もいるしそうでない人もいること
いい人もいるが、悪いひともいること
一生懸命働いている人もいるし、怠け者もいること
そして、一生懸命働きたいけど仕事がない人もいること
など、きれいごとだけでなく現実の問題も描いていて
子供達に考えさせてくれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。