FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又吉直樹 火花


ピースの又吉さんが書いて芥川賞を受賞したので
読まなければ話題に乗り遅れると思いながらも
今頃になってやっと読みました。

正直言って読みずらい文体で慣れるまでに時間がかかりました。
破滅的というよりもめんどくさい人という印象が強烈な
先輩の神谷さんは
ハタから見れば【かなりズレた人】だろう。
私にはイタイ人にしか見えなくて最後の豊胸のところなんかは
目も当てられないほどの【やっちゃったよ、この人】感に
唸ってしまったほどだ。

又吉さんは、徳永に自分を投影しているのでしょう
なんだか私小説の匂いがするなあというのが読み終わった正直な感想です。

又吉さんには、自分のホームの漫才の世界でなく
純粋に小説家としての次回作でどんな作品を見せてくれるのか
楽しみにしています。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。